あこがれの高級育毛剤

高校を卒業して20年、半年に一度、当時仲の良かった友人5人程で飲み会を行っています。まずは挨拶代わりのいつもの話題があります。

それは、頭髪の量なのです。禿げ上がっている者はいないものの、オデコが後退してたり、前髪の密度が薄かったり、前から見たら変わったいないようでも、ギリの周辺だけちょっとだけ禿げていたり…。

30歳になったばかりの頃は、準備の良い者は既に育毛効果のあるシャンプーやトニックを使用していましたが、40歳近くになった今では、ほぼ全員がシャンプーはもちろん、なんだかの育毛対策を行っています。先日の飲み会で最も盛り上がったのが、友人の使用している高級育毛剤について。その友人は、前々回まではダントツで薄毛が進行していましたが、この度は最下位を脱出。

使用している男性用の育毛剤は、1ヶ月で1万円もするらしく、お小遣いの3分の1をそれに費やしているとのこと。お小遣いが少なくても育毛剤の効果があるため、やめられないのだとか。うらやましい悩みだ…。

さて、そのため仲間内の頭髪ランキング最下位になってしまった私は現在、妻と育毛剤を掛けてお小遣いアップの交渉中です…。

無香料が一番です

私が使っているものは何でも無香料なのです。それは化粧品でも、芳香剤でもそうなのです。だから育毛剤も、やはり無香料のものがいいと思ったのです。少しでも嫌な匂いや、ほのかに匂ってくると肌に刺激がありそうなのです。私の勝手な思い込みですが、それは困るのです。私は何でも無香料がいいのです。

初めて育毛剤を使っています。無香料のものですが、とても気持ち良いのです。肌につけると少し冷たくて、とても使い心地が良いのです。育毛剤ってこんなものなのだ、と実感したのです。

肌に合わないものをつけると、すぐにかゆみを感じています。肌に合わないものをつけると、すぐにかぶれてしまうのです。そうなってしまっては遅いので、頭皮につける育毛剤には十分注意しました。

今では女性専用のものがあったのです。女性専用育毛剤というものを、店頭で発見したのです。恥ずかしくて買いにくいから、どうしようと思っていたのです。でもこれなら大丈夫です。堂々と買えたのです。

疲れた目のために買った物

パソコンのやり過ぎで、まぶたが痙攣してしまい、非常に難儀したことがあります。このとき連休中と言うことで眼科はどこもやってなくて、仕方がないので色々な目薬を買って対処しました。

目薬にもピンからキリまであって、高いから良い物とは限らないようです。重要なのは成分で、すでに持っている目薬なら効き目がないことは実証済みでした。

そこで成分的に試した事のない物として、ものもらい用の目薬を使いました。痙攣しているのがものもらいと関係あるのかは分かりませんが、試しに使って見たところ、殆んど変化はありませんでした。

ただし一つ分かったことは、ものもらい用の目薬を使うと甘味を感じると言うことです。目薬をさして甘味を感じるのは説明書にも記載されていましたが不思議な感じでした。

結局、まぶたの痙攣は成分的に涙と同じ物で、特に変わった物が入っていない目薬をさしたところ、よくなりました。